バイクデビュー!通勤・買い物等、女子におすすめは50cc!


お出かけするならバイクに乗ろう!

夏真っ盛りのこの時期(現在7月末)。

外出するのも暑くて一苦労ですよね…。

そんな時、バイクに乗ってお出かけ出来たら気持ちがいいと思いませんか?

 

今回は、バイクデビューにおすすめの50cc以下の小型バイクについてお話します。

特に女子の皆さんにおススメのかわいくて、便利で、維持費のかかりにくいものをまとめましたのでぜひぜひバイク購入の際の参考にしていただければと思います(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

バイクの「50cc」って何?

バイクの「50cc」や「125cc」などの表記は「排気量」を表します。

車と同じで、この数字が大きければエンジンのパワーも大きく、逆に小さければエンジンのパワーは弱くなります。

 

今回おすすめする「50cc」は、バイクの中では最も排気量の小さいものになります。

ですが、その性能は普段の生活に大いに役立ってくれること請け合いです。

50ccをおススメしたい3つの理由

もちろん、50ccをおススメしたいのには理由があるのです。

ポイントその1 免許の取得がめちゃめちゃ簡単

まず、50ccのバイクは車の免許をすでにお持ちの方なら全員乗ることができます

つまり、バイクのためにまた免許を取り直す必要が無いのです。

 

自動車免許取得の勉強時に、実はこっそりバイクの問題も出ているんですね。(※私はぼんやりとしか覚えていませんが)

と言うわけで、既にバイクの知識はあると見なされるのです。

 

また、まだ免許を持っていない人でも以下の条件を満たせば免許を取ることができます。

  • 16才以上
  • 視力が両目合わせて0.5以上、その他色覚などの適性検査に合格
  • 30分の筆記試験に合格

ポイントは、試験時間が短くかつ問題数が圧倒的に少ないこと。

例えば自動車の免許を取る際には教習所に通って一定の成績を収めた後、実地と筆記の2種類の本試験に合格しなくてはなりません。

 

しかし50ccのバイクなら勉強は自分で行うことができ、しかも試験時間は30分の48問。

その後の講習も含めて、1日で免許を取得することが可能です。

ねっ?簡単でしょう?

ポイントその2 維持費が圧倒的に安い

まず、50ccバイクに必ずかかってくるお金は以下の2種類です。

  • 軽自動車税…年間2,000円(4月1日~翌年3月31日まで)
  • 自賠責保険(必ず加入)…1年で7,280円

ただし自賠責保険は複数年分をまとめて支払うことが可能で、長期間分をまとめて支払うほどお得になります。

  • 1年…7,280円
  • 2年…9,870円(4,690円お得)
  • 3年…12,410円(9,430円お得)
  • 4年…14,890円(14,230円お得)
  • 5年…17,330円(19,070円お得)

ご覧の通り、4年目以上はほぼ半額以下となります。

 

それとは別に、個人でかかってくるお金は

  • 任意保険
  • ガソリン代

となります。

任意保険は、20代でおよそ28,000円、30代でおよそ16,500円ほどのようです。

参考サイト

 

ここで注目したいのは、家族が自動車で任意保険に入っている場合に加入できるファミリーバイク特約

これは「自動車の保険に+αでバイクの保険もつけよう」というプランのため、通常のバイク保険より安い場合があります。

詳しくは、ご家族の自動車保険の会社まで。

 

次にガソリン代ですが、こちらはバイクの燃費にもよります。

例えばHondaのタクト(画像参照)だと燃費が80km/Lなので、年に10.000キロ走ってガソリンが1L120円とすると

10,000km÷80km×120円=15,000円

となります。

(画像はHondaタクトスタイリング紹介ページより)

小型のバイクは基本的に鬼のように燃費がいいので、ガソリン代は多めに見積もっても他の乗り物より圧倒的に安く済みます。

 

以上から考えて、50ccバイクの年間の維持費は

2,000円(軽自動車税)+3,466円(自賠責保険5年一括支払いの1年分計算)+25,000円(任意保険の目安)+15,000円(ガソリン代)

=約45,000円

ということになります。

ここに整備費などを含めても、大体60,000円以内/年で収まるのではないでしょうか。

とすると約5,000円/月ということで、維持費もだいぶ安く済むということになります。

ポイントその3 軽い・小回りが利く・動かしやすい…扱いやすい!

シンプルに「扱いやすい」と言うのは、女性にとってまたバイク初心者にとって大きな利点だと思います。

例えばHondaのジョルノ(画像参照)は重さが約80キロ。

125cc以上のバイクの約半分以下となっています。

80キロと聞くと「え、重くない?」と思われるかもしれませんが、実際はタイヤに重さがかかるので大人の女性が簡単に動かせるくらいになっています。

また、サイズも小さめのものが多いので駐車スペースに困らないのが魅力です。

スポンサーリンク

50ccバイクを取り扱う日本の有名バイクブランドまとめ

Honda

Honda バイクラインアップページ

Hondaと言えば「スーパーカブ(画像参照)」が有名ですが、他にもかわいさと機能を兼ね備えた車種が多くあります。

売りはコスパの良さと車種の豊富さ。特に燃費はかなりいい線をいっています。

選べる楽しみという点では、Hondaが最も強いのではないかと感じます。

(画像はhondaスーパーカブ商品フォトライブラリーより)

YAMAHA

YAMAHA バイクラインナップページ

YAMAHAのバイクの特徴は、機能性とレトロさです。

女子でも気軽に乗れる、かわいい見た目のバイクが多いためコーディネートなどを楽しみたい方におススメです。

例えば「ビーノ(画像参照)」は全体的に丸いフォルムとポップなラインがかわいいですよね!

座席の側面に入ったエンブレムもこだわるなど、細部にまでおしゃれ感がつまった一台です。

(画像はYAMAHAビーノデラックス商品ページより)

SUZUKI

SUZUKI バイクラインアップページ

SUZUKIのバイクの売りは値段の安さと取り扱いやすさ

特に「レッツ(画像参照)」はコンパクトなエンジンによる圧倒的車体の軽さで、女性でもとても動かしやすくなっています。

車高が低めであったり、鍵穴にイタズラ防止のシャッターがついていたりと細かな気配りがうれしいです。

(画像はSUZUKIレッツ製品トップページより)

まとめ

いかがでしたでしょうか!

今まで「バイクは男の人が乗るものなんじゃないの?」と考えていた女子の皆さんにも、もっともっとバイクの良さを知ってもらえればと思います(‘ω’)ノ

かわいいものからおしゃれなものまで、どんどん新商品が出ていますのでぜひ気になる方はメーカーのホームページをのぞいてみてくださいね!

 

自転車と同じように、気軽にバイクに乗れる日常を応援します(‘ω’)ノ

ではでは!

スポンサーリンク


おススメ関連記事はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)