おそ松さん×ゆめにっき偽実況動画『長兄にっき』がネタの宝庫なので解説してみる~part:7~


前→part6

おまけ→part6までの獲得エフェクトまとめ

次→part8

 

フルボッコ松コラボはじまた

こんばんは、狐です。

さっそくフルボッコの松コラボチャレンジしてるけど、これって行けるところまで行ったらその先は強制的にこんてにゅーしていかないとポイント稼げないやつ?

うへーー無課金勢にはつらいよぉ!!

 

さて、今日も「長兄にっき」part7見ていこうねぇ~。

スポンサーリンク

喧嘩より早くNASU終わる~♪

どうやらサイバー(三男と末弟)が喧嘩してる様子。

長兄は今回全く関わりないらしい。傍観態勢。いつものやつ=大乱闘なのが男の子だなぁと言うかなんというか。

さらっと「爆ぜて俺に飛び火するくらいならいいけど」って言っちゃう次男マジイケメン。

 

デタントって普通に使う?w

政治用語で「緊張関係にある二国間の緊張緩和」ってことなんだけど、普通の会話の中で聞いたの初めてだわw

話に夢中でNASU終わる~♪

板挟み組(数字)は確かに、サイバーの喧嘩に慣れてそう。五男はちょっと心配しそうだけど、それを四男がうまく言いくるめて、あとは二人でおとなしく見守ってそう。

 

長男「出ました、ザ行き当たりばったり」

simple2000シリーズってどこ行ったんだろう。なんかものすごい数発売されてたよね、あれ。

狐10本くらいしかやってねーわ。地球防衛軍とか、大美人とか、逃走ハイウェイとか…。

 

次男「即興劇は得意だぜ」

長男「それは疑惑の判定」

「一松事変」回参照。どう考えても疑惑の判定。

 

ボーNASUとれない長男マジww頑張れカリレジェ。

長男がいくつかやったことあるフリゲについて詳しくお伺いしたい。

 

図形の部屋

綺麗な部屋。今までの部屋に比べてぱっと見からして人工的な感じが安心する…。

でも斜め移動が多いのでちょっと面倒。

 

長男「一定の割合で行き止まりがある」

鋭い。長男の考察回も多くなってきてて嬉しい。

 

次男「第一回!夢の中の夢に行けるかな?ベッド確率チャレンジ!」

長男「酷いネーミングを見た」

これはひどいww「更なる夢へと繋ぐ奇跡への挑戦」であばら死んだ。光るな。

 

栗

長兄「「栗」」

_人人人人人人人人人人人_
> ★ぼうしとマフラー★ <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

夢の中で暑い(熱い)寒いを感じることってまずないなぁ…。

味は感じたことあるけど、なんかすっごいうまい中華料理食べたことある。

長男も味は感じたことあるのか。よっぽど食べたいものの時にそんな夢見るのかな?

 

そう言えば、昔同じ夢を繰り返し見てた。

子供の頃は、デパートのエスカレーターをどんどんのぼっていって最上階でラスボスと戦う夢をよく見た。

その時パーティに居る人たちはその時々によって違ったけど、たいていは友人だったと思う。

しばらくその夢を見なくなって大人になったある日久しぶりにまたその夢を見たとき、パーティが誰も居なくなってて自分一人でエスカレーターに乗ってて、

最上階についたらそこがテナントも何もない広い部屋になっててラスボスも誰も居なかった、っていう。

それ以来、あの夢は見てない。なんだったのかな。

 

だまし絵は狐も大好き。

マウリッツ・エッシャーは「滝」で超有名だよね。

エッシャー 滝

(画像はこちらより)

ルネ・マグリットも有名かな?

ルネ 白紙委任状

(画像はこちらより)

タイトルの「白紙委任状」っていうのが謎を深める…。

 

モニュメントバレー(*‘∀‘)!!

狐も昨日から始めたw

実はしばらく前から気になってたんだけど、データサイズ大きすぎてインストールしてなかったんだよね。

でも始めてみたら…これはいいぞ…。

音と言い、ステージと言い、センスに満ち溢れてる。透明感がものすごくて神秘的…。

モニュメントバレー

昨日は↑のステージ5まで行った。

ぜひぜひイヤホンでプレイしていただきたい、めっちゃ音綺麗!!

 

五男が大人しくてやけに根気のいる、じっくり考える系ゲーム好きとかなにそれ超いい…。ぐっと来た…。

MYSTは…あれはやばい…。マジで放り投げられた感がすごい…。

昔やってたソフトまだ手元にあるし、最近思い出したようにちょっとやったけど即挫折した…。

MYST

このゲームの主人公になるくらいなら、名前も聞いたことないようなどこかの国にサイフ1つだけ持たされて捨てられた方がまだわかる、っていうくらい謎しかないゲーム。

世界観すごいからはまるんだけど、それ以上に「わけがわからないよ…」っていう感情が強くなってしまってすぐ心が折れるw

Qべぇ

(画像はこちらより)

 

御神楽www少女www探偵団www

御神楽少女探偵団

(画像はこちらより)

このゲーム知ってる人初めて聞いたwww古すぎてもう売ってなかった。

なんか一昔前の少女向けアニメみたいな絵柄してるけど、ガッチガチの推理ゲームだからね…。

脚本・監督がクロックタワーの河野一二三さんですからそりゃ…ねぇ。

 

犯行動機「なんとなく」

そりゃどんな名探偵でも解けないっすわ、サイバー…。

次男も被害者なの地味に笑う。なんか末弟は次男には攻撃しないイメージあったけどそんなことなかった。

 

次男「軽率に廃墟ブームに乗った」

最高かな?廃墟いいよ廃墟。

狐の住んでる地方、田舎だから廃墟めっちゃ多いんだよ。もう超写真撮りに行ってるわ…そういう点では田舎サイコー。

からのクーロンズゲートwww最高か???

クーロンズゲート

すっごい画面酔いするけど、万人向けではないけど、はまる人はものっすごいドはまりするタイプのゲーム。

台湾とか韓国とかの裏路地のごちゃごちゃした感じと、中国の廃墟の静かさ混ぜた感じ。

いや、九龍城砦って言ってしまえば確かに雰囲気そのまんまなんだけどなんていうかもっと闇がある感じ…(語彙力)

バンブージーの頼れる感は半端なかった…。イケメン…顔見えないけど。

 

ひぇ次男鋭い。

part5のMOTHERの森にあった墓場(仮)で感じたけど、いくらうろうろしててもその扉がどこか知ってる扉につながると急に「近い」って感じるんだよね。

part5ここさっききた

(見返したい人はpart5の11:48あたりをどうぞ。)

でも歩いた先が行き止まりだと、なぜか「遠くまで来た」って感じるんだよね、なんでだろう?

実際、ゆめにっきは確かに部屋数は多いけど基本的にループが多くて、部屋自体はそんなに広くないような気がするんだよね。

でもエフェクトがどこにあるか全くわからないモヤモヤ感とか、ある物・いる人(?)たちの意味不明さに、なんかあてられるっていうか、多分「疑問」とか「不便」とか「不満」を感じると、それに無意識に理由を求めるんだろうね。

で、その結論が「遠い」って感じることになるわけだ。たぶんね。

 

ワープ

この次男、運良すぎか?

このマフラー子のワープも一定確率で起こるイベント(というかなんというか)。

うーーん、この戸津が撮り直しとかしてないならマジでよっぽど運がいい…。

 

うわあ(っていう感じの白黒の部屋)

また不穏な感じの鉛筆画の部屋。

普通のドアに入ったのに出口が口って。

 

「地雷原でタップダンス」、は「ガンジーも助走つけて殴るレベル」みたいな2ちゃん民たちが考えた面白い比喩(?)のことかと思ったけど、次男なんでポップコーン?

ちょっと話ズレるけど、ヒップホップになら「ポップコーンステップ」っていうステップあるけど。(このページ参照

 

M2 SLAMはっょぃ。(多目的地雷。威力は低めだけどいろんなところに貼れたり、投げて設置できたりして地味に便利。)

battlefield、なんかもうすぐイベントやるみたい(2016年5月2日現在)

Marauderは「世界最強の車」の名を持つ車、とのこと(初めて聞いた)

動画見たら、壁は突き破るわ一般車は踏み壊すわで笑ったww

公式サイト「8キロのTNTで爆破されてもへっちゃらさ!!」

 

ルーイカットって猫かと思った。

カラカル

(画像はこちらより)

俗にいうカラカルさんですね。

ルーイカット装甲車ってのは南アの装甲車らしい、大口径砲塔詰んであるすげぇ…かっこいい…。

次男に言われて気づいたけど8輪式か…。いかにも重たそうでいいよね!!

 

人?みたいなの現れたときに、コメントで「デーブスペクター」って流れてきたの笑ったw似てるw

デーブ

(画像はこちらより)

 

ペーパーマンは面白いぞ。中学生くらいの時に友達に教えられてからしばらくハマってやってた。

キャラがほんっとペラいんだけど、それに反する戦闘シーンのちゃんとした作りこみw

PCのスペック足りてる人はぜひぜひ!タダだし!

スポンサーリンク

ぶんどる・盗賊の小手・ナイフ→FF。

盗む、じゃなくてぶんどるなあたり、さすが長男である。

※盗む、は相手に気づかれないうちにアイテムを奪う、ぶんどる、は相手をボコってひるんだうちにアイテムを奪う。

 

モノ子

モノ子来た瞬間の弾幕相変わらずすげぇ。

「モノ子ッッ可愛いよおかわいいいよォモノ子ォォアアァァア アァッ」の元ネタはこの方らしい。

 

次男の「うわなんか気持ち悪、なんだこれ」の感覚、わかるよ。次男がこの世界に対して露骨に嫌悪感示すのって今までほぼなかったから、ちょっと吃驚。

話題はのんびりと「ラクガキ王国」へ…。

ラクガキ王国

これ普通に結構絵を描くの難しかったよwww

うっしーの動画とかおすすめw

 

そして唐突に来る悪夢。

モノ子爆誕

思わず飲み物ぐいぐい飲む長男…。

か~ら~の~

か~ら~の

思考を放置した次男に対して、長男の「ふは、あははwwwww頑張った頑張ったwww」がほんと…おそ松兄さんマジ兄さん…。

ここで次男が「窓付き」って言ってるのに、字幕が「ゲーム」になってるとこ、なんか次男が少し窓付きから距離を置いた感じがしてちょっとぐっと来た。

ゲームはゲーム、なんだよなぁ。

 

考え続けることが得意な五男、なんかすげーわかる。

常にいろんなときのいろんなことを思い返して、考え続けて、「応用力と最大出力量」なんて簡単に言うけど、いつもものすごいエネルギー使ってるんだろうな。

次男の「足して2で割るくらいが丁度良い?」に対して

長男「なァに、どーやったって6分の1よ。くは、なかなかどーして世の中上手くいかねーもんだね」が、6つ子一人一人をきちんと肯定してるみたいですごくいい。

そこから「やっぱ俺絶対ひとりでこのゲーム出来なかったわ」の流れが、「俺は俺で、お前はお前で、そんなお前が俺はすごい好きだし大事な家族だよ」って感じに聞こえる。

兄゛さ゛ァ゛ん゛(号泣)

って思ってたのに

クモ風船

_人人人人人人人人_
> 突然のタコ風船 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

マジでビビったwwwww

このタコ風船、かなり確率低くて狐も見たことなかったんだけどおーーーい!!長兄おーーーい!!どっからくるのこの強運。

 

長兄のこういう精神的ダメージ喰らわせてくるポイントに対する反応が違うのすごい面白い(後述)

好奇心は猫をも殺す、躊躇無し松は三味線にでもなっちまえ…

 

痛風になる、って言いながらビールぐい飲みしてる長男ェ…。

ベランダを露骨に気にし始める次男…。空見たかっただけ…?ほう…。

 

図形の部屋

次男「窓付きはもう夢の中全部見たことあるんじゃないか?」

んっふww狐かよww

でも確かにあまりにも窓付きノーリアクション過ぎるし、自分が創った世界だからなのか、その辺はあんまり先読みせずに次男の今後の考察に甘えていこうと思う。

 

うーーーん、狐個人の考えとしてはエフェクトとか住人たちは窓付きの深層心理が勝手に形を持ったもので、窓付きにとっては「自分の内にあるけどはっきりとは理解していないもの」。

でも何度も夢の中で見るし、夢から覚める方法も知っているので特に驚くわけではない。

て感じだろうか…。まあ詳しい考察は長兄にっき見終わってからにしようかね。

 

真っ暗な部屋

次男「前進あるのみ?」

そこで進まない当たり、次男も白黒の部屋でよっぽど疲れたと見える…。

背景黒でも、扉とかエフェクトとかうっすら見えてるんだよなぁ。

 

雪の部屋

長男の一言からしっかり読み取る次男鋭い。

雪ってことはいかにも寒そう…お?さっきとったエフェクトが使ってほしそうにこちらを見ている…?

 

 

次男の「おはよう窓付き」いいよね。優しい感じだ。

なんかさっきモノ子のところでちょっと引いた気がしたけど、相変わらずで安心した。

 

ターボ10→ストリートファイター2

ストファイは公式でもネタにしてたよね。

ストファイ

(画像はアニメ3話より)

全員ボディがマッチョなのがジワジワくる…w

1000点取ったらすぐ終わる~♪初めてのボーNASUと同時ゲットが1プレイで見られるとはwwさすがカリレジェw

 

今回の長兄ポイント

今回、二人ともあんまりお互いのこと呼んでない。

長男 1:01 お前 次男 0:46 おそ松
3:28 カラ松 0:52 兄貴
7:03 兄ちゃん達 1:36 俺たち
7:39 俺ら 1:49 未だに(ボーNASUを)一つも取れてないやつ
7:44 お前 6:24 兄貴
8:14 お前 13:25 おそ松
9:48 前科モン 15:59 俺たち
9:53 お前 18:33 俺たち
12:20 お前 19:57 兄貴
12:58 お前
15:37 カラ松
15:44 お前
15:56 俺ら(字幕はプレイヤー)
16:03 俺たち
16:10 躊躇無し松ゥ……
16:13 お前
17:19 お前

もう次男は「兄さん」とは呼ばないんだろうか。

長男の次男呼びレパートリーに「躊躇無し松」が追加されました。

 

さて、さっきの話。

モノ子とかタコ風船にビビらせられた瞬間の反応。長兄で大分違ったの面白いなぁって。

場面に分けてみていくよ。

  • モノ子(ドンドコver)を見た瞬間

長男…ものすごく騒ぐ。とにかく話し続ける。ハイになり、無駄にツッコミが鋭くなる。テンションの上下が激しくなり、落ち着いたと思うとまたすぐ騒ぐ。

次男…うわ、ちょ、など言葉にならない言葉を発する。「おそ松、落ち着け」など比較的冷静に敵(?)を見ようとしている。が、動揺が言動にモロに出ている。

  • モノ子(ドンドコver)のアップを見た瞬間

長男…普通に引く。怖がっている様子ではなく、「キモい」とか「エグい」といった嫌悪感を露骨に出す。

次男…近づいてくる、という動きに対して異様にビビり、ちょ、ま、など言葉に詰まる(長男の「追いかけられるの苦手ね」発言が現れている)。ちょっと離れそうになった途端「あれ、泣いてるのか?」と冷静になる。

  • タコ風船に会うまで

長男…すぐに「弟を見るお兄ちゃん」の視点になる。ただ、やはりあまり余裕はないのか次男の思考に対する返答が短い(五男の話の当たりで落ち着いたっぽい)。

次男…意外とすぐに冷静になり、いつもの「拗らせ松」ができるくらいに思考が回復する。同じようなホラー的展開になりそうなパターンにも躊躇なく突っ込んでいく(モノ子に再度信号を使う・モノ子のトンネルに反対側からまた入るなど)あたり、「ホラー嫌い」ではなさそうなので単に「近づく」とか「追いかけられる」という行為に対して恐怖や嫌悪感を抱いていると予想できる。=自分が物理的にダメージを食らいそうなパターンが苦手なんだと思われる。

  • タコ風船に会った瞬間

長男…ものすごく騒ぐ。次男に声をかける。テンションの上下が激しくなる。

次男…無言になる(パニック状態)。窓付きで逃げようとしているように見えるが、縦操作に瞬間的に判断がいかない当たり、相当パニックだった様子。動機・息切れ・酸欠。

  • タコ風船に会った後

長男…テンションが上がって急激に落ちる。思考がまとまりにくい。ビビら、ビビられ、らせ?疲労感がにじみ出るあたり、ちょっとおっさんくさい。一般人の反応。

次男…冷静な窓付きを見て一瞬で我に返る。モノ子と似たようなトンネルにも躊躇いなく突っ込む。恐怖心<<<<好奇心のあたり、心が少年。変わり者の反応。

 

全体的に、長男は恐怖・不快感を露骨に出していくタイプ。リアクションがでかい。落ち着くまでに時間がかかる。「わけのわからないもの」は苦手なので、しばらく引きずる。誰かと話をして落ち着こうとするタイプ。

次男は恐怖に対して声が出なくなるor言葉に詰まる。落ち着くまでの時間が異様に短い、もしくは何か別のきっかけがあればその時点で思考がすぐそっちに移る。相手からの物理ダメージがないとわかった時点で、相手が何であろうと恐怖の対象ではなくなる。抽象的なものやよくわからないものを「まあそんなもんなんだろ」と飲み込むのが得意。一人で勝手にいつものペースに戻るタイプ。

 

んんんん兄弟間の差マジで面白い。

これ、うp主がどこまで考えて台詞作ってるのかわかんないけど相当すごいと思う。完全に別の人格がそこにいて、自然に「個性」が出てる。はーーすげーー。

 

次回も楽しみだね!

ではでは、マッスルマッスル!

 

次→part8

前→part6

おまけ→part6までの獲得エフェクトまとめ

スポンサーリンク

 


おススメ関連記事はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)